一部の方々が、福祉業界は力仕事というイメージを描いています。と言うのも、時には介護の都合で年配者の移動を手伝ってあげる事もあります。施設で生活している高齢者の方々が、問題無く移動できるように、手を貸しているヘルパーの方々も少なくありません。
ただ誰かが移動するのをサポートする場合、それなりに力も求められるでしょう。おんぶ等をする時などは、間違いなく力が必要です。ですから、力仕事というイメージが強いわけです。
ところがここ最近の福祉業界は、ちょっと状況が変わりつつあります。一昔前のように、必ずしも力仕事とは断言できない一面もあるからです。
というのも最近の介護業界などでは、だんだんとロボットが進出しつつあります。ヘルパーだけでは色々と難しいので、ロボットも有効活用するべきという考え方が強くなっているのです。
仮にロボットが進出すると、職場環境は激変する事にはなるでしょう。ただロボットを操作するスキルなども、今後はヘルパーに求められると言われています。
どちらにしても福祉業界では、ちょっと職場環境が変わりつつあるのは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です