私は小売業から転職をして地域福祉関連の事務職に就きました。

もともと大学は福祉系の大学を卒業しており、将来的には医療や福祉に関する仕事をしたいと思っていました。その後、大学卒業後は新卒で、大手企業の小売業に就きました。

それからは、やはり仕事の勤務時間や曜日が不規則なことと、やはり福祉系の仕事をやってみたいという思いから医療転職24時を見て、現職に内定をいただきました。現職の内定条件として、「社会福祉士」が必須でした。

自分の担当部門の仕事は地域福祉の推進として、主にまつりや行事などのイベントの企画・制作や、福祉団体の管理、ボランティアのマッチング・コーディネート。その他には広報誌の作成やホームページの管理・運営など、多岐にわたります。

行事当日は土日が多いため、休日出勤もざらにあります。振替えで平日に休みをとるようにと言われますが、実際に休むとなると、他の仕事の進捗によっては自分の首を絞めることになるので、振替の休みの消化すらままならない現状があります。

そのため連絡調整やスケジューリングの管理はかなりシビアになるのが特徴でしょうか。ルーチング業務として窓口対応や、電話対応などを日々こなしつつそれらの事も進めていかないといけないため、かなりセルフマネージメント力が必要に感じます。
その他にも円滑に資料等も作成していくために、パソコンスキルもそれなりに必要だとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です